銀行で即日30万借りる方法は?

銀行で即日30万借りる方法は?

30万をすぐに借りたいなら

30万円を借りる方法のうちで借りたいときに使えるローンは、キャッシングやカードローンなどの多目的ローンです。用途多目的のローンは緊急時に対応したものが多く、即日で借りられるものが少なくありません。30万という金額はそれほど大きくないので、借入先が銀行の場合でもすぐに借入できる可能性が高いでしょう。他社借入は1〜2件ならさほど問題ありませんが、それを超えると審査は厳しくなってきます。借入先は少ないほどいいですし、借入総額もゼロが好ましいです。他社からも借りているならば、事前に問い合わせして借りられそうか聞いてみるのもよいでしょう。審査は3回以内に抑えるというのが多目的ローンの暗黙の了解となっており、3回を超えると申込ブラックになってしまうのです。それを防ぐためにも借りることができる可能性が高いローンを吟味しておくべきでしょう。

WEBサイトでは借入診断を行えるところが多いので、こちらを試してから本審査の申込をするのもよいです。年収・職業は安定性があるほど好ましく、一番借りやすいのは公務員です。公務員の場合は勤続年数が短くても借りることができる可能性が高く、非正規の雇用形態にある方は借りにくいと言えます。ただ30万という金額はそれほど大きくないため、他社借入が多すぎなければ借入できる可能性が高いでしょう。借りる方法によって融資時間は異なるため、最短の方法を事前に確かめておく必要があります。具体的な方法はWEBサイトに記載されていますが、わからない場合は問い合わせるのが一番です。

最短で借りたいと話しておけば、一番よい方法を教えてくれるでしょう。必要書類は身分証明書と収入証明書であり、後者は借入額が大きくなると必要になります。消費者金融は50万円を超えると必要になるのが普通ですが、この点において銀行はもっとハードルが低く設定されており、100万円までは不要というところが多いです。ただ金額に関係なく身分証明は必要となるので、事前に用意しておく必要があります。審査当日になって書類が揃わなくてバタバタしてしまうと、融資が翌日以降になる可能性もあるのです。

原則として午後3時までに審査を終えないと、融資は翌営業日になってしまうことが多いです。今すぐに30万を借りたいならば、早め早めに審査を受けておく必要があります。午後に申し込むよりも、午前中のほうが確実に早く借りることができます。審査を先延ばししても、何のメリットもないのです。

 

30万でも金利にはこだわる

即日で借りようとする方が思わず妥協してしまうのが実質年率なのです。これはキャッシングなどの多目的ローンの金利形態であり、簡単に言えば年利のことです。融資まで早いほど高金利になると考えている方が多く、これは昔のローンの名残だと言えます。昔のローン全般はすぐに融資を受けられるものほど、金利は高く設定されていたのです。それに対して今のローンは、融資までの時間と金利の関連性はほとんどありません。これから30万を借りる方は、様々な銀行ローンの金利を比較してから選んでいきましょう。ローンの利用においては地元の金融機関にこだわる必要はないのです。

全国展開している大手から借りるのもいいですし、地元の取引先機関でも問題ありません。いずれにせよ一番重視するべきポイントは低金利であり、ここを軽視して借りると失敗します。キャッシングは目的ローンより高金利であり、30万というまとまった借入額になると金利の数%が効いてきます。また今後に追加で借りてしまう可能性はあるでしょうし、そうなれば30万が50万、100万と増えていくかもしれません。借入が増えるほど利息も増えるので、今後のことも考えて低金利で借りましょう。30万以上は借りないと心に決めている方でも、将来のことは予測できません。そもそも今回借りようと思った30万に関しても、以前は予測できなかったことでしょう。

契約時に低金利で借りることは、今後のローン利用を考えても非常に大切なことなのです。今適用された金利というのは、今後一方的に引き上げられる可能性は低いです。つまりは低金利で契約をしたほうが圧倒的に有利ということになります。今すぐに融資を受けたいと考えると焦ってしまい、キャッシング比較が十分に行えなくなるものですが、ここで妥協してはいけません。ほとんどのキャッシングは当日融資に対応しているので、ランキングサイトも利用して金利をよく比較しておきましょう。ATMの手数料、振込手数料などを事前にチェックする方は多いですが、キャッシングにおいて利息ほど大きな手数料はありません。

だからこそ金利比較をして0.1%でも低金利で借りるべきなのです。30万の場合は実質年率は法的に18.0%まで認められていますが、目標は14%〜15%、またはもっと低い金利です。少なくとも消費者金融のキャッシングよりは低金利で借りるべき必要があります。ネットバンキングのキャッシングは、実店舗を配置していないので金利が低く抑えられています。